【10,000円以下で買える】最高に美味しいおすすめウイスキー11選

おすすめウイスキー一覧 ウイスキー

ちょっと贅沢に、いつもと違うウイスキーが飲みたい!
せっかく奮発するのなら、とにかく美味しいウイスキーがほしい!

今回は10,000円以下で買える、ちょっと贅沢なウイスキーをご紹介します。

3,000円以下で買えるコスパの良いウイスキーを知りたい方は、こちらでご紹介していますので、ぜひ見てみてくださいね。

それでは、いってみましょう!



まずは高いウイスキーと安いウイスキーの違いを知ろう

ウイスキーにはもちろん、高いものもあれば、安いものもあります。
なぜ価格に大きな違いが生まれるのか、簡単に解説していきます。

1-1. 原料の品質の違い

ウイスキーの原料は、ウイスキーの種類によって異なります。

例えばスコッチウイスキーは、原料にモルトウイスキー(大麦の麦芽)グレーンウイスキー(穀類)を使用しています。
バーボンウイスキーは、トウモロコシが主原料です。

大麦畑とトウモロコシ畑

安いウイスキーでは、価格を抑えるために原価の安いグレーン(穀類)を多く配合していることがよくあります。
一方、高いウイスキーでは、原価の高い原料を使用していることが多いため、必然的に値段が高くなるのです。

シングルモルトウイスキーなどが比較的に高価なのも、こういった理由があるからなんです。

ちなみにシングルモルトウイスキーとは、「単一蒸留所で造ったモルトウイスキー」を、複数の樽から瓶詰めしたウイスキーのことをいいます。
混ぜものなし、ということですね。

1-2. 熟成年数の違い

安いウイスキーは熟成年数が短いものが多く、高いウイスキーは熟成年数が長いものが多いです。

ウイスキー樽 貯蔵の様子

熟成年数は長くなればなるほど価格が高くなる傾向があります。

蒸留所にあるウイスキーを貯蔵する倉庫のスペースには、もちろん限りがあります。
熟成が長いということは、ウイスキーを長く貯蔵しておく必要があるので、生産の回転率は下がってしまいます。

また、長く熟成をさせていると、ウイスキーが揮発(蒸発)して、容量もアルコール度数も低下していきます。
これを天使のわけまえ(天使の取り分)といって、天使にウイスキーの一部を献上することによって、ウイスキーがさらにおいしくなっていくと言われています。

ただ、容量が減るということは、出荷できるウイスキーが減ってしまいます。
また、環境の変化によっては、出荷できずにブレンド用に使うことになる樽もでてきます。

こういったロスの発生や、熟成途中での詰替えなどの作業の手間がかかっているため、熟成年数の長いウイスキーは価格が高いのです。

1-3. 生産力と需要と供給の違い

需要と供給の影響はとても大きいです。

同じ地域で同じ熟成期間で作られたウイスキーでも、人気のある銘柄は高い価格になり、あまり人気がなかったり、大量生産をしているウイスキーは価格が比較的安価になる傾向があります。

もちろん安いウイスキーにも、美味しいものはたくさんあります。
あくまでも、高いウイスキーと安いウイスキーの違い、ということですね。

それでは、このあとは、10,000円以下で買えるおすすめのウイスキーを紹介していきます。

2. 10,000円以下で買えるおすすめのウイスキーの分布図

いざ、ウイスキーを買おうと思っても、味の予想をするのは難しいですよね。

今回は、この記事で紹介するおすすめのウイスキーを分布図にまとめてみました。

甘口や辛口のウイスキーを選びたいときや、スッキリしたウイスキーが飲みたいときなどの目安に使っていただけたら嬉しいです。

ウイスキー 味わい 分布図

分布図で見てみると、一目でウイスキーの個性が分かるので、選びやすいですよね。
次は、各ウイスキーについて見ていきましょう。



3. 10,000円以下で買える!おすすめのウイスキー11選!

それではいよいよ、おすすめウイスキーをご紹介させていただきます!

厳選に厳選を重ねたウイスキーたちを、ぜひ試していただけたら嬉しいです!

おすすめ1:AULTMORE(オルトモア)

AULTMORE オルトモア

  • 原産国:イギリス
  • アルコール度数:46度
  • 価格:約6,200円/700ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ロック、水割り

甘さ 
クセ 

口当たりはオイリーでいて、軽めです。

香りはとてもフレッシュで、レモンを感じます。

味わいは甘めです。
余韻もオイリーで、バニラの風味が心地よく舌に残ります。

とにかくバランスが良くて、甘みは強いものの、甘ったるさは全くと言っていいほどありません。

アルコール感もほとんどなく、質が高い味わいというものを体感できるウイスキーです。

おすすめ2:GLENROTHES SELECT RESERVE(グレンロセス セレクトリザーヴ)

GLENROTHES SELECT RESERVE グレンロセス セレクトリザーヴ

  • 原産国:イギリス
  • アルコール度数:43度
  • 価格:約5,400円/700ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック、水割り

甘さ 
クセ 

口当たりは柔らかく、まず最初にバニラがふわっと感じられます。
一瞬甘口に感じられますが、後味は非常にドライです。

香りはとても華やかで、柑橘系のフルーティーさがあり、どこか遠くでバニラを感じます。

味わいは辛めです。
複雑な味わいが非常にバランス良く調和されている1本。

初心者にも上級者にも自信を持ってオススメできます。

おすすめ3:WOODFORD RESERVE(ウッドフォードリザーブ)

WOODFORD RESERVE ウッドフォードリザーブ

  • 原産国:アメリカ
  • アルコール度数:43度
  • 価格:約4,700円/750ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック、ハイボール

甘さ 
クセ 

口当たりは香ばしく、メイプルやカラメルっぽい味わいを感じることができます。

華やかな香りで、バナナのような甘い香りがします。

香りに反して甘さはやや控えめです。
樽感をしっかりと感じられますが、バーボン特有の粗々しさは控えめです。

落ち着いた味わいのバーボンが飲みたい人にオススメです。

おすすめ4:AMAHAGAN Red Wine Wood(アマハガン レッドワインウッド)

AMAHAGAN アマハガン ワインウッド

  • 原産国:日本
  • アルコール度数:47度
  • 価格:約5,900円/700ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック、水割り、ハイボール

甘さ 
クセ 

AMAHAGAN。
逆から読むと”ナガハマ”。

滋賀県の長濱蒸留所で作られているウイスキーです。

口当たりは軽く、ぶどうのような甘みを感じます。

華やかな香りで、赤ワインのような香りを微かに感じることができます。

スっと飲める軽さがありますが、クセがないわけではなく、むしろ独特なものがあります。
余韻は長めで、まさにワインとウイスキーの両方の味わいを楽しめます

クセがありながらも、オンリーワンなウイスキーを飲みたい方にオススメです。

おすすめ5:BASIL HAYDEN’S(ベイゼルヘイデン)

BASIL HAYDEN'S ベイゼルヘイデン

  • 原産国:アメリカ
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約5,000円/750ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック、ハーフロック、ハイボール

甘さ 
クセ 

香草を感じさせる口当たりから、後味に心地よい甘さが広がります。

ウッドの香りが強く、まるで木材所にいるような感覚を味わえます。

重厚感がある味わいというよりは、軽やかで華やかな印象です。
加水をするとさらに華やかになり、水とのきれいな調和を感じることができます。

ちょっとピリっと胡椒の辛味を感じ、やや酸味も感じることができます。

甘みがありながらも、ピリっとした辛味を求める方にオススメです。

おすすめ6:竹鶴(たけつる)

竹鶴

  • 原産国:日本
  • アルコール度数:43度
  • 価格:約6,300円/750ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック、水割り、ハイボール

甘さ 
クセ 

マッサンというドラマで一躍有名になったニッカウイスキーの竹鶴。

口当たりはしっかりとした輪郭で、ドライさも感じることができます。

洋梨のような香りが目立ち、どことなくシナモンを感じます。

しっかりとした味わいで、ハイボールなどの割り物と相性がいいです。
甘みが目立つ反面、後味はやや荒さが目立ちます。

少しクセのあるジャパニーズウイスキーを楽しみたい方にオススメです。

おすすめ7:WILD TURKEY RARE BREED(ワイルドターキー レアブリード)

WILD TURKEY ワイルドターキー レアブリード

  • 原産国:アメリカ
  • アルコール度数:58.4度
  • 価格:約4,700円/700ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック

甘さ 
クセ 

口当たりは、上質な甘さとバーボンの荒々しさが両立され、ガツンときつつも、柔らかさがあります。

トウモロコシの香りが心地よく香ります。

通常のワイルドターキー8年をさらに上質にしたと表現すべきなのか、別もののウイスキーと紹介をするのかが難しいところですが、強い印象としては気位の高いバーボンといった感じです。

ダイレクトにバーボンの旨味を味わいたい方にオススメです。

おすすめ8:SPRINGBANK(スプリングバンク)

SPRINGBANK スプリングバンク

  • 原産国:イギリス
  • アルコール度数:46度
  • 価格:約8,200円/700ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック、水割り、ハイボール

甘さ 
クセ 

口当たりはオイリーでいて、柔らかく、華やかです。

香りにアルコール感はほとんどなく、少しチーズのような香りを感じます。

後味もなめらかで、スッと消えていくと思えば、舌に心地よい甘みが残ります。
どこか遠くで心地よい塩気を感じることもできます。

とにかく華やかな印象で、万人受けをする味とも言えます。

おすすめ9:KILKERRAN(キルケラン)

KILKERRAN キルケラン

  • 原産国:イギリス
  • アルコール度数:46度
  • 価格:約5,700円/700ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック、ハーフロック、ハイボール

甘さ 
クセ 

口当たりはややオイリーでいて、塩気を感じます。

香りは爽やかで、香草を思わせます。

やや軽めの味わいで、柑橘系の甘みと酸味が舌に残ります。
どこか牧草にいるかのような体験ができ、アルコール感はほとんどありません。

特徴的な味でありながら、爽やかで飲みやすいウイスキーです。

おすすめ10:MACALLAN(マッカラン)

MACALLAN マッカラン

  • 原産国:イギリス
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約7,000円/700ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック、ハーフロック、水割り、ハイボール

甘さ 
クセ 

強烈な甘さを感じる口当たりで、カラメルソースを思わせます。

香りも甘やかで、メープルシロップを感じます。

複雑で質の良い甘みが上品に感じられ、キャメルのような粘性を味わうことができます。
ファーストインパクトに甘みを感じますが、後味にはコーヒーのような苦みがふわっと感じられます。

シングルモルトのロールスロイスと言われる、マッカラン。
初心者の方に、ぜひ一度飲んでいただきたいウイスキーです。

おすすめ11:Blanton’s(ブラントン ブラック)

Blanton's ブラントン ブラック

  • 原産国:アメリカ
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約10,000円/750ml(2020年3月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック、ハーフロック

甘さ 
クセ 

口当たりは柔らかく甘めで、クセがなく、後味も優しいです。

香りはカラメルソースのようでいて、バニラがふわっと香ります。

バーボンらしさも存分に感じることができますが、とにかくクセがなく、初心者の方にもオススメです。
キレがよく、甘さの奥にちょっとした辛口感が顔を覗かせます。

上品でありながらも、上質な香ばしさも感じることができる、万能な1本です。




今回は、ちょっと贅沢でいて、とても美味しいウイスキーたちをご紹介させていただきました。

実際に私が飲んでみて厳選したウイスキーですので、みなさまが飲んでみたいと思ったウイスキーがあったらすごく嬉しいです。

みなさまが美味しいウイスキーに出会えることを願っています♪