【3,000円以下で買える】ウイスキー初心者におすすめのコスパ最強ウイスキー12選

【3,000円以下で買える】コスパ最強ウイスキー12選とおすすめの飲み方 ウイスキー

スーパーや酒屋で買えるコスパのいいウイスキーが知りたい!
でもウイスキーって、種類がありすぎてどれを選べばいいかわからない・・・。

晩酌でウイスキーを楽しもうと、はりきってスーパーや酒屋に行ったものの、種類がありすぎてビックリ!

ウイスキーって本当にたくさんの種類がありますよね。
しかも、値段もピンキリだから、どうやって選べばいいのだー!なんて嘆いてしまう人もいるかもしれません。

私がまさにそうでした(笑)

でも、コスパのいいウイスキーに出会って、素敵な晩酌タイムを過ごしたいですよね!
それが男のマロン!ちゃう、ロマン!!

そんな単純な想いからウイスキーを飲み始めた、京都在住・アニメ大好き「リョウ」と申します。

おすすめのアニメは「ソードアートオンライン」と「攻殻機動隊」。
休日はだいたい、ウイスキーを飲みながらアニメ鑑賞しています!

というわけで、この記事では、私が近所のスーパーや酒屋でコツコツ集めたウイスキーの中から、3,000円以下のウイスキーを厳選!
コスパのいいウイスキー12選と、それぞれのウイスキーに合ったおすすめの飲み方を紹介します。

好みの銘柄を見つけておくと、BARに行ったときも「●●の銘柄が好きなので、それに似ているものをお願いします」という感じで注文できちゃいますよ(^w^)b

それではまいりますっ!

1.はじめに、ちょっとだけウイスキーのことを知ろう

おすすめウイスキーを紹介する前に、ちょっとだけウイスキーというお酒について説明します。

本当に基礎の基礎みたいな知識なので、すでにご存知の方はとばしちゃってください。

1-1.ウイスキーは「蒸留酒」

あなたはウイスキーがどんなお酒か知っていますか?

ウイスキーとは、大麦や小麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を糖化、発酵させ、蒸留し、さらに木樽で熟成させてできるお酒のことを指します。
「蒸留酒」のひとつで、ジンやウォッカ、ラム、テキーラ、焼酎もこの蒸留酒にカテゴライズされます。

ウイスキーにはほとんど糖分が含まれてないので、ワインやビールに比べて太りにくいというメリットがあります(笑)

1-2.ウイスキーはもともと無色透明だった!?

ウイスキーの特長といえば、あの綺麗な琥珀色。
そして、樽を思わせる独特な香りですよね。

でも、もともとのウイスキーは無色透明で、あの独特な香りや味はなく、ジンやウォッカに近いものだったそうです。

なぜなら、蒸留させたあとに熟成する期間を設けていなかったから。

そんなウイスキーが、今のようなイメージの琥珀色で独特な香りを持つようになったのは、実は酒税が関係しています。

ウイスキーはアイルランドが発祥といわれていますが、アイルランドのお隣であるスコットランドにも広がり始めたときに、イングランドによって、あり得ないほど高い酒税を課せられてしまうことになります。
そこで、その高い酒税から逃れるために、樽にウイスキーを入れて密造したところ、樽の中で熟成が進み、今のウイスキーが誕生したそうです。

偶然ってすごいですよね。
でも、その偶然のおかげで、今の美味しいウイスキーが誕生したんだから、世の中わからないもんですね。
もちろん密造するまで追い込まれた当時の人たちは大変だったと思いますが・・・。

1-3.世界5大ウイスキーとは

ウイスキーを少しだけ知っている人は「世界5大ウイスキー」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
世界5大ウイスキーとは、アイルランドスコットランドアメリカカナダ、そして日本が産地のウイスキーの総称です。

世界の5大ウイスキー

各産地のウイスキーの呼び方と代表的なウイスキーの一部を一覧にまとめたので、呼び方だけでも覚えてみてください(^w^)

呼び方 代表的なウイスキー
アイルランド アイリッシュウイスキー タラモアデュー、レッドブレスト、カネマラなど
スコットランド(イギリス) スコッチウイスキー マッカラン、デュワーズ、グレンフィディックなど
アメリカ アメリカンウイスキー ジャックダニエル、ジムビーム、I.W.ハーパーなど
カナダ カナディアンウイスキー カナディアンクラブ、アルバータ、クラウン ローヤルなど
日本 ジャパニーズウイスキー 白州、山崎、響など
私はスコッチウイスキーとジャパニーズウイスキーが好みです♪

2.ぜひ試してもらいたい!おすすめの飲み方「ハーフロック」

ここからは、私がぜひおすすめしたいウイスキーの飲み方を紹介させてください。

それは「ハーフロック」という飲み方です。

ハーフロックとは、ウイスキーと水を1:1の割合で作る飲み方で、普通の水割りよりは濃い目の味わいになります。

ハーフロックの説明

水割りだとウイスキーの風味や香りが薄くなってしまう・・・。
けどロックだとパンチがありすぎる・・・。

そんな人にはぜひハーフロックを試してみていただきたいです♪
ハーフロックでも少し濃いな、と感じる人は、チェイサーをお忘れなく。

それでは、このあとは、3,000円以下で買えるおすすめのウイスキーを紹介していきます。

3.3,000円以下で買える!おすすめのウイスキー12選

さて、いよいよ近所のスーパーや酒屋で買える、3,000円以下のおすすめウイスキーを12種類紹介します!
おすすめの飲み方も一緒にお伝えするので、せび試してみてくださいね。

【1,000円台で買える】おすすめのウイスキー6選

おすすめ1:デュワーズ ホワイトラベル

デュワーズ ホワイトレーベル ウイスキー

  • 原産国:イギリス
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約1,400円/700ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ハイボール

まろやかさとスパイシーさを兼ね備えた、バーテンダー御用達のウイスキー。

この値段で、しっかりとした樽のスモーキーさを感じられるのは素晴らしい!

さっぱりとした柑橘系の香りと、しっかりとしたスモーキーな味わいは、ハイボールにピッタリ。
炭酸水で割ると、そのバランスの良さに満足することができるウイスキーです。

おすすめ2:ツインアルプス

ツインアルプス ウイスキー

  • 原産国:日本
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約1,400円/750ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ハイボール(ロックでもあり)

コスパ最強!
甘みがあって飲みやすく初心者向けのウイスキーです。

信州のりんごのような華やかさと甘い香りが特徴で、その香り高さはハイボールにしてもしっかりと感じられます。
また、炭酸で割ることによって、甘さの中に爽やかさを生み出すことができるので、まさにハイボールにうってつけと言えます。

ハイボールが苦手な人に勧めて、「これなら飲める!」と絶賛していました。

おすすめ3:白角

白角

  • 原産国:日本
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約1,300円/700ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ハイボール

ハイボールといったら「角」が思い浮かぶ人がほとんどじゃないか、そう思わせるぐらい有名なウイスキー。
CMでもよく「角ハイ」という言葉を聞きますよね。

「角」の中でも「白角」がおすすめ。
変な癖がなく、スッキリ飲むことができます。
居酒屋さんにも「白角」はあまり置いていないので、家飲みするならぜひ白角を試してもらいたいです。

飽きずに飲むことができ、お手頃価格なので、デイリーウイスキーとして常備しておきたいウイスキーです。

おすすめ4:富士山麓

富士山麓

  • 原産国:日本
  • アルコール度数:50度
  • 価格:約1,500円/700ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ハイボール、水割り

今回紹介している1,000円台のウイスキーの中では、アルコール度数が高めのウイスキー。
でも、アルコール度数が高いわりに、アルコール臭さはなく、スルスルと飲めてしまいます。

雑味がなく、キレがあり、飾らずに飲める最高の常備酒ですよ。

ただ、残念なことに、原酒不足により2019年の春をめどに終売することが発表されました。
(参考:ウイスキー原酒不足拡大 キリン、一部販売終了へ

今後、転売などの影響で価格が高騰することが予想されますが、定価で販売している酒屋さんも多くありますので、あまりに高い価格での購入はおすすめしないです。

おすすめ5:ジャックダニエル ブラック

ジャックダニエル

  • 原産国:アメリカ
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約1,900円/700ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ロック、ハーフロック、水割り、ハイボール

普段ウイスキーを飲まない人でも、このウイスキー名は知っている人が多いかもしれません。
それだけ有名なウイスキーのひとつです。

ラベルがオシャレで、かっこいいですよね。

香りの奥に洋ナシのようなフルーティーさや、バナナジュースのような甘さを感じられます。
口に含むと、そんな香りからは想像できないようなスッキリとした味わいで、後味もさわやか。

どんな飲み方でも楽しめる、万能タイプのウイスキーです。

おすすめ6:クラウンローヤル

クラウンローヤル

  • 原産国:カナダ
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約1,800円/750ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ロック、ハイボール、お湯割り

クラウンローヤルは、イギリスのジョージ6世夫妻が、イギリス国王として初のカナダ公式訪問した際に、当時のオーナーだったサム・ブロンフマン自らがブレンドし、イギリス国王の献上品として生まれたそうです。
(参考:Amazon クラウンローヤル販売ページ
どっしりとしたボトルは、王室を思わせるような雰囲気でよね。

樽とバニラっぽい香りが心地よいウイスキーです。
味わいは、ツンとしたアルコールの感じはなく、まろやかな樽の味。
まるで口の中に森が広がるような、そんな優しさを感じられます。

甘めのウイスキーの中でも、カナディアン特有の甘さを感じることができます。

【2,000円台で買える】おすすめのウイスキー3選

おすすめ7:ザ・ネイキッドグラウス

ネイキッドグラウス

  • 原産国:イギリス
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約2,500円/700ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ハーフロック、水割り

やさしい香りの奥に、少しシナモンのようなニュアンスも感じられるウイスキー。

シェリー樽特有の甘さをしっかり味わうことができます。
口に含むと甘味がふわっと広がって、後味も柔らかいので、初心者の人に特におすすめです。
味の伸びが良いので、加水しても美味しく飲むことができますよ。

ライチョウの模様が入ったシンプルでオシャレなボトルも気に入っています。

おすすめ8:フロム・ザ・バレル

ニッカフロムザバレル

  • 原産国:日本
  • アルコール度数:51度
  • 価格:約2,600円/500ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ロック、ハーフロック(アルコールがキツいの苦手な人は、水割りやハイボールもOK)

アルコール度数は51度で高めですが、バニラのような甘い香りで、アルコールのキツさはありません。

口に含むと、まろやかなで重厚な味わいが広がり、後味はやさしい甘みが残ります。
奥行きを感じられる余韻が残り、最初から最後まで楽しむことができますよ。

加水しても負けない骨太さがあるので、どんな飲み方でも楽しめるオールマイティな1本です。

おすすめ9:ワイルドターキー8年

ワイルドターキー バーボン

  • 原産国:アメリカ
  • アルコール度数:50度
  • 価格:約2,600円/700ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ロック、ハーフロック(実はハイボールも人気)

「ワイルド」という名が似合う、まさにドライな味わい
今回紹介しているウイスキーの中では、1番アルコール度数が高いため、ウイスキーの味をガツンと感じることができます。

香りも味も樽を感じられ、香ばしさを味わえます。
深い琥珀色は、「クロコダイルスキン」と呼ばれる、内側を最も深く焦がされたオーク樽からの恩恵だとか。

そんな強い印象のワイルドターキーですが、口に含むと、コクのある甘さがふわっと広がります。
また、後味でも甘みを感じられますが、その後スッと抜けるような感覚。
この後味が癖になるような、そんな余韻を楽しめます。

【約3,000円】で買えるおすすめのウイスキー3選

おすすめ10:ジェムソン ブラック・バレル

ジェムソンブラックバレル

  • 原産国:アイルランド
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約3,000円/700ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ロック、ハーフロック、ハイボール

バニラっぽさと焦がしたような木の香りが混ざった、複雑な香りがします。

味の奥には、ほんのり塩味を感じられる珍しい味わい。
味の芯がしっかりしていて、少しスモーキーさもありますが、上品で飲みやすい1本です。

ウイスキーだけどバーボン樽を使っていて、ウイスキーとバーボンのいいとこ取りをしたようなウイスキーですよ。

おすすめ11:フォアローゼズ ブラック

フォアローゼズブラック

  • 原産国:アメリカ
  • アルコール度数:40度
  • 価格:約3,000円/700ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ロック、ハーフロック

オーク樽の香りをしっかりと感じられる、とても香り高いウイスキーです。

口に含むとアロマな味わいがします。
ラベルにもローズが描かれているが、まさに口の中がローズでいっぱいになる感じです。
アロマというと、女性的な雰囲気を想像するかもしれませんが、実はドライな味わいも感じられます。

後味は爽やかな甘さがあり、ゆっくりと余韻が消えていきます。

おすすめ12:ウシュクベ リザーブ

ウシュクベー リザーブ

  • 原産国:イギリス
  • アルコール度数:43度
  • 価格:約3,000円/700ml(2018年12月現在)
  • おすすめの飲み方:ストレート、ロック

ウイスキーの香りの中に、少し柑橘系の香りを感じられます。

味わいは、はちみつのような粘土のある甘みがあり、ブレンデッドらしいバランスのとれたウイスキーです。
甘みが強めなので、ナッツとか合わせると、よりウイスキーを引き立ててくれますよ。

ちなみに「ウシュクベ」とは、ゲール語で「命の水」の意味があります。
実は、ウイスキーの名前の由来は、ゲール語で「生命の水」という意味のウシュクベーハー(Uisge-beatha)を語源としたものと言われています。
そんなウイスキーの語源を文字って付けられたウイスキー名という訳なんですね。
(参考:ウイスキーの名前の由来はなんですか? サントリーお客様センター


いかがでしたか?
飲んでみたいウイスキーは見つかったでしょうか?

これからも美味しいウイスキーを見つけたら、記事に追加してきますね。

あなたが美味しいウイスキーに出会えることを願っています♪