本坊酒造マルスウイスキーから「火樽」が限定復活!その実力やいかに・・・!

マルスウイスキー 火樽 ウイスキー

本坊酒造マルスウイスキーから、「火樽」がモルト100%で復活!

2016年に、第一弾の「火樽」が売り出され、大好評を博しました。
第2弾は、モルトが心地よく香り、芳醇なスモーキーさを感じられるウイスキーに仕上がっています。

マルスウイスキーの「信州」、「ツインアルプス」、「越百」、「駒ケ岳」が大好きな私としては、これは買わなければいけない!ということで、急いでリカーマウンテンに走ってきました!
※「火樽」はリカーマウンテンでの限定販売になります。

この記事では、実際飲んだ感想を含めて、「火樽」について詳しく紹介していきます!

限定販売というと、ついつい胸が熱くなりますね。

気になる「火樽」の味わい

マルスウイスキー 火樽 飲み比べ

「ストレート」、「ロック」、「水割り」、「ハイボール」、それぞれの飲み方を試していきます。

グラスの銘柄がバラバラなのは、ご愛嬌です。

まずはストレートからいってみましょう!

ストレートで飲んだ際の特徴

マルスウイスキー 火樽 ストレート

それでは早速ストレートから・・・。

味わいは角がなく、まろやかな味わいです
アルコール感も強くなく、芳醇で後味も力強さを感じることができます。

香りはややアルコール感が目立ちますが、ドライフルーツのような香りを感じられます。

蜂蜜のような甘みを強く感じることができるため、甘めのウイスキーが気分の際には、すごくおすすめです!
甘みがあって、まろやか。そして飲みやすいというところが特徴になるかと思います。

ロックで飲んだ際の特徴

マルスウイスキー 火樽 ロック

お次はロックで飲んでみましょう。

ストレートに比べ、よりまろやかな味わいに変化します。
アルコール感もほとんどなく、蜂蜜のような甘みもしっかりと感じることができます。

ドライフルーツのような甘みや香りも、一層際立ち、舌触りもとてもなめらかです。

アルコール感がほぼなくなり、甘みや香りを思う存分楽しむことができます
ストレートに比べ、味のボリュームはやや減るかもしれませんが、加水されることにより、「火樽」のポテンシャルを余すことなく引き出しているように感じます。

水割りで飲んだ際の特徴

マルスウイスキー 火樽 水割り

続いて、水割りを試してみましょう。

がらっと表情が変わり、蜂蜜の甘さをスッキリと感じながら、フレッシュでありつつも、芳醇さをも感じることができます

アルコール感もほとんどなく(全くと言ってもいいほど)、万人が楽しめる味わいです。
後に広がる香りがとても心地よく、ふわっと甘みが広がり、グビグビ飲めるというよりも、しっかりと味わいながら飲みたくなります。

とにかく飲みやすくて、味わいもしっかりとしているので、誰にでもオススメできる飲み方です!

ハイボールで飲んだ際の特徴

マルスウイスキー 火樽 ハイボール

それでは最後に、ハイボールを試していきます。

飲んだ瞬間に、蜂蜜の甘みが口の中一杯に広がり、ドライフルーツの香りが華やかに香ります。
口当たりがとてもよく、クセもないため、女性にもオススメです。

芳醇さも消えることなく、しっかりと感じることができます
これは・・・、まさに相性バツグンの飲み方と言えます。

「火樽」の味わいが全て花開き、とても華やかな味わいです。
しっかりとした味わいのハイボールが飲みたいときに、とってもオススメです!

そもそも「火樽」ってどんなウイスキーなの?

中央アルプス駒ヶ岳山麓の信州マルス蒸留所より、バーボンを熟成させるため、通常よりも強く内側を焦がした新樽で、ブレンド後のウイスキーを後熟させたブレンデッドウイスキーです。

香りはバーボンのようなのに、味わいは柔らかなジャパニーズ。
とても面白い試みで、ウイスキー好きな方にも楽しめる一本に仕上がっています。

「BURN THE BARREL 火樽(ひだる)」と名付けられ、名前通り、芳醇な味わいです。

店頭ではリカーマウンテン限定販売となっていますので、購入の際はお気をつけください。
インターネットでは、以下でも買うことができますよ。

マルスウイスキー 火樽

5.00
※2020年12月9日時点の楽天市場を参考にしています